Apple、日本時間2021年9月15日午前2時にスペシャルオンラインイベント「California streaming.」を開催

2021/09/09(Thr) 19:12:51
Apple Event Announced: 'California Streaming' on September 14 With iPhone 13, Apple Watch Series 7 Expected - MacRumors
https://www.macrumors.com/2021/09/07/apple-september-14-event/

2021/09/09(Thr) 19:13:08
Apple's iPhone 13, Apple Watch Series 7 event is on September 14 | AppleInsider
https://appleinsider.com/articles/21/09/07/apples-iphone-13-apple-watch-series-7-event-is-on-september-14
2021/09/09(Thr) 22:50:24
Appleの役員について - Greg Joswiak - Apple (日本)
https://www.apple.com/jp/leadership/greg-joswiak/
2021/09/09(Thr) 19:13:22
Apple、2021年9月14日にスペシャルオンラインイベント「California streaming.」を開催すると発表(日本時間9月15日) | Apple | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
http://www.macotakara.jp/blog/apple/entry-41726.html

2021/09/09(Thr) 19:13:37
速報:アップル発表イベントは9月15日午前2時~。iPhone 13(仮)やiPad mini 6(仮)など新製品予想まとめ - Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/apple-september-15-iphone13-162050445.html

2021/09/09(Thr) 19:14:14
Apple、現地時間9月14日にイベント開催!iPhone13など発表へ - iPhone Mania
https://iphone-mania.jp/news-396579/

Apple Watch で iPhone をロック解除と拙作 Apple Watch アプリ Densuke

2021/02/05(Fri) 19:05:59
iOS 14.5でマスクをしたままでもiPhoneのロック解除が顔認証で可能に - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20210202-ios-14-5-unlocking-iphone-face-mask/

2021/02/05(Fri) 19:06:39
How to use the new 'Unlock with Apple Watch' iPhone feature - 9to5Mac
https://9to5mac.com/2021/02/04/iphone-face-id-unlock-apple-watch-mask/

マスクをしている時に、Apple Watch で iPhone をロック解除できるようになるみたい。
心電図も利用可能になったし、Apple Watch 買おうかな?

Xcode で 画像と時刻を表示する簡単な Apple Watch アプリ Densuke を作ってみました。
Xcode のシミュレータで撮ったスクリーンショットを下記に載せておきます。

図 1) 拙作 Apple Watch アプリ Densuke
図 2) Apple Watch 文字盤を表示

拙作 iPhone 用 RSS リーダー iYKRSS、iPad 用 RSS リーダー iYKRSSHD 無料公開、 iOS 用 Twitter アプリ作成方法

ちょっと宣伝です。拙作 RSS リーダー iYKRSS を iPhone 5 スクリーンで表示できるようにしました。また、iPadRSS リーダー iYKRSSHD を Retina ディスプレイに対応しました。

あらかじめ登録された芸能人ブログリストから RSS フィードを簡単に選ぶことができるので、RSS リーダーを使ったことがない初心者にもお勧めです。

iYKRSS、iYKRSSHD 共に無料です。ただし、iYKRSSHD は、9月になると 85 円に戻ります。iPhoneiPod touchiPad を持ってる人は、良かったら試しにダウンロードしてみてください。

使い方がわからない人は、気軽にコメントに書き込んでください。返事は、遅れるかもしれないのでご了承ください。

iYKRSS version 1.0.4
http://appstore.com/yoshiakikoyama/iykrss

iYKRSSHD version 1.0.2
http://appstore.com/yoshiakikoyama/iykrsshd

随分遅れましたが、前回、予告した iOS 用 Twitter アプリ作成方法を説明したいと思います。私自身、良く理解していない部分もあるので、間違いもあるかもしれません。

基本的に、下記 URL の REST API v1.1 を

REST API v1.1 Resources | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/api/1.1

使って Twitter のタイムライン情報などを取得します。REST API v1.1 を前回説明した GET、POST で送信するのですが、

Authorizing a request | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/auth/authorizing-request

上記、URL の

POST /1/statuses/update.json?include_entities=true HTTP/1.1
Accept: */*
Connection: close
User-Agent: OAuth gem v0.4.4
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Authorization:
OAuth oauth_consumer_key="xvz1evFS4wEEPTGEFPHBog",
oauth_nonce="kYjzVBB8Y0ZFabxSWbWovY3uYSQ2pTgmZeNu2VS4cg",
oauth_signature="tnnArxj06cWHq44gCs1OSKk%2FjLY%3D",
oauth_signature_method="HMAC-SHA1",
oauth_timestamp="1318622958",
oauth_token="370773112-GmHxMAgYyLbNEtIKZeRNFsMKPR9EyMZeS9weJAEb",
oauth_version="1.0"
Content-Length: 76
Host: api.twitter.com
status=Hello%20Ladies%20%2b%20Gentlemen%2c%20a%20signed%20OAuth%20request%21

のように、認証情報 (上の Authorization: OAuth の部分) が必要です。OAuth を使って取得する必要があります。

しかし、iOS の場合、

 Using Reverse Auth | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/ios/using-reverse-auth

Reverse Auth を使って OAuth の情報を取得できます。取得の仕方は、

 seancook/TWReverseAuthExample · GitHub
https://github.com/seancook/TWReverseAuthExample

を参考にした拙作サンプル

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

に含まれています。 KeyDefines.h の

#define TWITTER_CONSUMER_KEY    @""
#define TWITTER_CONSUMER_SECRET @""

を設定してください。Consumer key、Consumer secret を使うには、

Twitter Developers
https://dev.twitter.com/

にログインして、自分のアイコンをクリックして表示されるメニューから ‘My applications’ を選び、’Create a new application’ ボタンをクリックして My application を作成する必要があります。

Sign in with your Twitter account | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/apps

作成した application を選べば、Consumer key、Consumer secret は表示されます。

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

の TSViewController.m の Reverse Auth を呼び出している部分は、

TSViewController.m

- (void)awakeFromNib {
__unsafe_unretained TSViewController *me = self;
_accountStore = [[ACAccountStore alloc] init];
_apiManager = [[TWAPIManager alloc] init];
ACAccountType *twitterType = [_accountStore accountTypeWithAccountTypeIdentifier:ACAccountTypeIdentifierTwitter];
_accounts = [_accountStore accountsWithAccountType:twitterType];
_account = [_accounts objectAtIndex:0];
NSLog(@"%@", _account);
NSLog(@"identifier: %@", _account.identifier);
NSLog(@"username: %@", _account.username);
if ([TWITTER_CONSUMER_KEY isEqualToString:@""]) {
NSLog(@"TWITTER_CONSUMER_KEY=\"\"");
[self requestApiTimeline:self];
//        [self requestApi:me];
} else {
[_apiManager performReverseAuthForAccount:_account withHandler:^(NSData *responseData, NSError *error) {
if (responseData) {
NSString *responseStr = [[NSString alloc] initWithData:responseData encoding:NSUTF8StringEncoding];
NSArray *parts = [responseStr componentsSeparatedByString:@"&"];
me.reverseAuth = [NSMutableDictionary dictionary];
//            NSLog(@"%@", responseStr);
for (NSString *line in parts) {
NSArray *array = [line componentsSeparatedByString:@"="];
[me.reverseAuth setObject:array[1] forKey:array[0]];
}
//            NSLog(@"%@", me.reverseAuth);
//
[me requestApi:me];
//                [me requestRawApi:me];
}
}];
}
}

[_apiManager performReverseAuthForAccount:_account withHandler:^(NSData *responseData, NSError *error) { です。

_apiManager に引数、ACAccount *account と最終的に呼ばれるブロックを渡し、performReverseAuthForAccount: withHandler: メソッドを呼ぶと

Using Reverse Auth | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/ios/using-reverse-auth

の最後にある下部

oauth_token=2311112785-EXKeLV5ezo3HHIaIf1T3ffeww0mR5dfYXKZjjRy0&oauth_token_secret=KYxxxxx3U4Fxrxva3BGD92--12ehEzFwQ&user_id=38895958&screen_name=theseancook

のような、oauth_token、oauth_token_secret、user_id、screen_name を NSData *responseData で返してくれます。ここで重要なのは、user_id を返してくれることです。実は、Reverse Auth を使わなくても、タイムラインを表示することができます。

    if ([TWITTER_CONSUMER_KEY isEqualToString:@""]) {
NSLog(@"TWITTER_CONSUMER_KEY=\"\"");
[self requestApiTimeline:self];
//        [self requestApi:me];

上の部分が TWITTER_CONSUMER_KEY が設定されていない場合、Reverse Auth を使わないでタイムラインを表示しています。

ただし、他の REST API v1.1 を使用するためには user_id が必要になってきます。

後は、簡単です。アップルが用意したフレームワークの SLReuest を使って Twitter API v1.1 を呼び出す汎用 API

- (void)performTwitterRequestAccount:(ACAccount *)account Method:(SLRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TwitterRequestHandler)completion

です。

- (void)requestApi:(id)sender {
//    url = [NSURL URLWithString:@"http://192.168.1.6:9090/1.1/lists/list.json"];
url = [NSURL URLWithString:@"https://api.twitter.com/1.1/lists/list.json"];
//    dict = @{@"user_id" : @"00000000"}; // user_id を設定してください
dict = @{@"user_id" : [self.reverseAuth objectForKey:@"user_id"]}; // TWITTER_CONSUMER_KEY を設定していないと使えません。
[self performTwitterRequestAccount:_account Method:SLRequestMethodGET URL:url parameters:dict completion:^(NSArray *json, NSURLResponse *response, NSError *error) {
NSLog(@"===< List >===");
//      NSLog(@"%@", json);
for (NSDictionary *list in json) {
NSString *text = [NSString stringWithFormat:@"<%@>\n  list_id:%@\n  slug:%@",[list  objectForKey:@"uri"],[list  objectForKey:@"id"],[list  objectForKey:@"slug"]];
NSLog(@"%@", text);
}
}];

で、- (void)performTwitterRequestAccount:(ACAccount *)account Method:(SLRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TwitterRequestHandler)completion を呼び出しているのがわかると思います。この場合、自分のリストを表示しています。

 url = [NSURL URLWithString:@"http://192.168.1.6:9090/1.1/lists/list.json"];

を有効にして、前回の GET、POST のように SLRequest がどんなデータをサーバーに送信しているのか確認することができます。

まず、ターミナルで

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

に含まれる server.rb を実行します。その後、TSTwitter.xcodeproj を開き、ツールバー上 Run ボタンをクリックします。画面が現れプログラムが起動し終えたら、Stop ボタンを押します。ターミナル上に実際の SLRequst がサーバーに送るデータが下図のように表示されます。

上図より、

Authorizing a request | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/auth/authorizing-request

上記 URL の

POST /1/statuses/update.json?include_entities=true HTTP/1.1
Accept: */*
Connection: close
User-Agent: OAuth gem v0.4.4
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
Authorization:
OAuth oauth_consumer_key="xvz1evFS4wEEPTGEFPHBog",
oauth_nonce="kYjzVBB8Y0ZFabxSWbWovY3uYSQ2pTgmZeNu2VS4cg",
oauth_signature="tnnArxj06cWHq44gCs1OSKk%2FjLY%3D",
oauth_signature_method="HMAC-SHA1",
oauth_timestamp="1318622958",
oauth_token="370773112-GmHxMAgYyLbNEtIKZeRNFsMKPR9EyMZeS9weJAEb",
oauth_version="1.0"
Content-Length: 76
Host: api.twitter.com
status=Hello%20Ladies%20%2b%20Gentlemen%2c%20a%20signed%20OAuth%20request%21

と似ているのが理解できると思います。SLRequest を使わずに NSMutableURLRequest で実現したのが

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

に含まれているソース

TSSignedRequest.h
TSSignedRequest.m

の TSSignedRequest

- (void)performTSTwitterRequestMethod:(TSSignedRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TSTwitterRequestHandler)completion {
- (void)requestRawApi:(id)sender {
- (void)performTSTwitterRequestMethod:(TSSignedRequestMethod)method URL:(NSURL *)url parameters:(NSDictionary *)dict completion:(TSTwitterRequestHandler)completion {

です。SLRequest と似ているので注意してください。TSSignedRequest を通常使う必要はありません。Twitter API の動作を確認するために、実験的に作ってみただけです。SLRequest を使ってください。

SLRequest を使うだけなら、Reverse Auth が必要ないと思うかもしれません。以前は ACAccount *account から user_id を取り出すことができたのですが、現在、Reverse Auth を使って user_id を取り出すしか方法がありません。

Twitter API v1.1 を試すには、Mac App StoreTwitter、ターミナル上で curl を使う方法があります。

Mac 上で動作する本家 Twitter アプリは、Mac App Store にあります。

Twitter
http://appstore.com/mac/twitterinc/twitter

上記 URL をクリックすれば表示されます。

Twitter をクリックして実行し、メニュー/Twitter/環境設定… を選び、ツールバーから ‘開発者’ を選択します。コンシュマーキー、アクセストークンを入力し、認証ボタンをクリックすると開発者メニューが有効になります。

試しに、メニュー/開発/コンソール を選び、ホームタイムラインを表示してみたのが下図です。

curl を使って試す方法は、まず、

Twitter Developers
https://dev.twitter.com/

にログインします。

REST API v1.1 Resources | Twitter Developers
https://dev.twitter.com/docs/api/1.1

を開き、呼びたい REST Api をクリックします。ここでは、GET statuses/home_timeline にします。
右側、OAuth tool で ‘Select one of your Apps’ から自分のアプリケーションを選びます。その後、Generate OAuth signature ボタンをクリックします。

表示されたページの Request URI: が正しく設定されているか確かめます。 Request query: に設定したいパラメーターを入力します。ここでは、count=2 と入力します。

この後、ページの一番下の See Oauth signature for this request ボタンをクリックします。

表示されたページの OAuth Signing Results に cURL command と名前の項目があります。右横にパラメーターがセットされた curl コマンドが表示されています。それをコピーして、ターミナルにペーストし実行すれば、生の JSON データを取得することができます。

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter 公開、シンプルな Ruby 製 HTTP サーバーを使った GET、POST 解析。

iOS 用 Twitter アプリの作成方法について書こうと思っていたのですが、あまり時間がとれなかったので次回にしたいと思います。サンプルは、先に公開しておきます。

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

Twitter REST v1.1 API をコールし、結果を Xcode のコンソールに表示する簡単なプログラムです。( Social.framework を使用しているので iOS 6.0 以上で動作します。 )

xAuth、Apple 純正ソーシャルネットワークフレームワークの SLRequest、NSURLRequest で直接呼び出す TSSignedRequest など Twitter REST API をいろいろな方法で呼び出せるので便利です。初心者にも実用的なプログラムが組めるので、楽しめると思います。UITableView を使って本格的な Twitter アプリに仕立てるのも面白いと思います。

詳細は、次回に。

今回は、手始めとして REST の動作を学ぶため、 GET、POST の違いを解説します。

Ruby で簡単な HTTP サーバーを作り、Safari でアクセスし、表示されたフォームから GET と POST を使ってサーバーにデータを送信します。送られてきた生のデーターを表示してみます。

自作 iOS 用 Twitter アプリ サンプル TSTwitter
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Sample/Twitter.zip

GET、POST を使用する HTTP サーバーは、上記サンプルに含まれている server_get.rb、server_post.rb です。
server_get.rb は、Safari がアクセスすると HTML書式

<form method="get" action=".">
<p>Name:<br><input type="text" name="name" size="50"></p>
<p>Message:<br>
<textarea name="message" cols="50" rows="5"></textarea></p>
<p><input type="submit" value="Send"></p>
</form>

を送信します。

<form method="get" action=".">

の method を下記のように post に変更したものが

<form method="post" action=".">

server_post.rb です。

server_get.rb と server_post.rb の使用方法は、同じなので server_get.rb で説明します。

まず最初に、メニュー/アップルマーク/システム環境設定… を選び、’システム環境設定’ を開きます。
インターネットとワイヤレス/ネットワークをクリックします。

IP アドレスを確認します。ここでは、192.168.1.6 に設定されています。

テキストエディタXcode で server_get.rb ファイルを開きます。(Finder 上、またはドッグの中の Xcode アイコンにファイルをドラッグ・ドロップすれば開くことができます。)

# 5行目の
server = TCPServer.new('192.168.1.6', 9090);

上の ‘192.168.1.6’ の部分を確認した IP アドレスに置き換えてください。IP アドレスが 192.168.1.2 なら

server = TCPServer.new('192.168.1.2', 9090);

です。

/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル.app を起動し、server_get.rb があるパスまで移動し、./server_get.rb を実行して、HTTP サーバーを起動します。

~ $ cd Desktop/Twitter/
~/Desktop/Twitter $ ls
TSTwitter	server.rb	server_get.rb	server_post.rb
~/Desktop/Twitter $ ./server_get.rb
GET
Listening on port 9090

Safari で先程指定した IP アドレス、http://192.168.1.6:9090 にアクセスします。下図のように表示されます。フォームに Name: Yoshiaki、Message: Hello! と入力して ‘Send’ ボタンをクリックします。

Safari 実行画面

サーバーからの返答がないので、送信が止まりません。それで Safari の URL フィールド右端の ‘x’ ボタンをクリックして中止します。すると、ターミナル側に Safari から送信された生データーが次のように表示されます。(実際のデータには、文字列両端のダブルクォーテーション ( ” ) は含まれていません。)

~/Desktop/Twitter $ ./server_get.rb
GET
Listening on port 9090
"GET /?name=Yoshiaki&message=Hello%21 HTTP/1.1\r\n"
"Host: 192.168.1.6:9090\r\n"
"User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_8_3) AppleWebKit/536.29.13 (KHTML, like Gecko) Version/6.0.4 Safari/536.29.13\r\n"
"Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8\r\n"
"Referer: http://192.168.1.6:9090/\r\n"
"Accept-Language: ja-jp\r\n"
"Accept-Encoding: gzip, deflate\r\n"
"Connection: keep-alive\r\n"
"\r\n"

Listening on port 9090 の次の行、 GET に表示されるのが URL とパラメーターです。? はパラメーターの開始を表し、& は区切り文字です。

"GET /?name=Yoshiaki&message=Hello%21 HTTP/1.1\r\n"

上部分より、 Safari のフォームで入力された値、name が Yoshiaki、message が Hello%21 というパラメーターで送信されたことがわかります。%21は ! 文字の URL エンコードです。 HTML の

<input type="text" name="name" size="50"></p>
<textarea name="message" cols="50" rows="5"></textarea></p>

より、input の name=”name” と textarea の name=”message” が入力された値の名前です。

フォームを Safari が解釈して、サーバーにデータを送っています。フォームは複雑な表記ですが、送信するデータは name=Yoshiaki&message=Hello%21と単純です。
server_get.rb を終了するには、ターミナル上で CTRL + C キーを押してください。

POST を利用した server_post.rb で同じように試してみると

~/Desktop/Twitter $ ./server_post.rb
POST
Listening on port 9090
"POST / HTTP/1.1\r\n"
"Host: 192.168.1.6:9090\r\n"
"User-Agent: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_8_3) AppleWebKit/536.29.13 (KHTML, like Gecko) Version/6.0.4 Safari/536.29.13\r\n"
"Content-Length: 30\r\n"
"Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,*/*;q=0.8\r\n"
"Origin: http://192.168.1.6:9090\r\n"
"Content-Type: application/x-www-form-urlencoded\r\n"
"Referer: http://192.168.1.6:9090/\r\n"
"Accept-Language: ja-jp\r\n"
"Accept-Encoding: gzip, deflate\r\n"
"Connection: keep-alive\r\n"
"\r\n"
"name=Yoshiaki&message=Hello%21"

上のように表示されます。GET と違ってパラメーターは、ヘッダの後、ボディーに付加されます。

"name=Yoshiaki&message=Hello%21"

の部分です。GET、POST の違いがはっきりわかると思います。サーバーに送られるパラメーターは同じです。

次回、紹介しますが、同封の server.rb を使って、Apple 純正ソーシャルネットワークフレームワークの SLRequest がどんなデーターをサーバーに送信するか、覗き見ると面白いかもしれません。

iOS 5 iCloud プログラミング

ニンテンドーDSi ウェア ‘プチコンmkII’ で、もう一つ取り組んでいるプログラムがあります。しかし、ちょっと一段落して iOS の iCloud について調べてみました。

最初に、新しくなった Xcode 4 の復習のため

Start Developing iOS Apps Today: Introduction
https://developer.apple.com/library/ios/#referencelibrary/GettingStarted/RoadMapiOS/Introduction/Introduction.html
Your Second iOS App: Storyboards: About Creating Your Second iOS App
https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/iPhone/Conceptual/SecondiOSAppTutorial/Introduction/Introduction.html
Your Third iOS App: iCloud: About Your Third iOS App
https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/General/Conceptual/iCloud101/Introduction/Introduction.html

の3つの例題を試してみました。最終目的の iCloud プログラミングの理解に、3番目の Your Third iOS App が一番参考になります。iCloud は Simulator では動作しないので注意してください。

私自身、あくまでも趣味の範囲なので、iCloud の理解も UIDocument を基準にすることにしました。

iCloud に、どんなファイルが保存されているか調べるには OS X 上では

OS X (iCloud)
~/Library/Mobile Docunents

の上記フォルダで確認することができます。このフォルダの中身を変更すると問題が起こる確率が高いので、やめたほうがいいと思います。

また、iPhoneiPadiPod touch 上の

設定.app
iCloud  > ストレージとバックアップ > ストレージを管理 > 書類およびデータ

から、アプリを選択すると iCloud 内のファイルが表示されます。

右上に ‘編集’ ボタンがあるので iCloud 内のファイルを削除する時は、こちらを使うと良いと思います。

後、OS X、iOS 開発書籍の著者として有名な木下誠さんの iOS 技術情報誌アプリ

HMDT BOOKS
カテゴリ: ブック
販売業者: HMDT Co., Ltd.
http://itunes.apple.com/jp/app/hmdt-books/id500860946?mt=8
HMDT
http://hmdt.jp/

HMDT JOURNAL Vol.001
第1回 iCoud(1) iCoud とは
\170
HMDT JOURNAL Vol.002
第2回 iCoud(2) NSUbiquitousKeyValueStore
\170
HMDT JOURNAL Vol.003
第3回 iCoud(3) ファイルベースの同期
\170
HMDT JOURNAL Vol.004
第4回 iCoud(4) ドキュメントベースの同期
\170

も参考になると思います。貴重な情報源で、書籍のように邪魔にならないので、毎回購入しています。

まず最初に、Document-Based App を理解しないといけないので

Document-Based App Programming Guide for iOS: Creating a Custom Document Object
http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/DataManagement/Conceptual/DocumentBasedAppPGiOS/CreateCustomDocument/CreateCustomDocument.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011149-CH8-SW1
▼Creating a Custom Document Object
Loading Document Data
Supplying a Snapshot of Document Data
Storing Document Data in a File Package

上の説明に出てくるソースから、Document-Based App を作りました。

また、ドキュメントデータをそれぞれ NSData、NSFileWrapper のどちらかで保存する方法も学びました。

NSURL の

+ URLWithString:
+ fileURLWithPath:

の違いに注意してください。

また、Document Type の宣言方法は、

Document-Based App Programming Guide for iOS: Document-Based Application Preflight
http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/DataManagement/Conceptual/DocumentBasedAppPGiOS/DocumentImplPreflight/DocumentImplPreflight.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011149-CH3-SW2
▼Document-Based Application Preflight
▼Creating and Configuring the Project
Declare a Document Type

上記 URL のページが参考になります。

UTI の種類は

Uniform Type Identifiers Reference: Introduction to Uniform Type Identifiers Reference
http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/Miscellaneous/Reference/UTIRef/Introduction/Introduction.html#//apple_ref/doc/uid/TP40009258-SW1

を参照してください。

ここまで、Document-Based App の理解が進むと iCloud に取り掛かるのに充分だと思います。

iCloud について

Document-Based App Programming Guide for iOS: Designing a Document-Based Application
http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/DataManagement/Conceptual/DocumentBasedAppPGiOS/DocumentArchitectureiniOS/DocumentArchitectureiniOS.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011149-CH2-SW7
▼Designing a Document-Based Application
▼A Document in iOS
 		A Document in iCloud Storage

を読んでから、もう一度

Your Third iOS App: iCloud: About Your Third iOS App
https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/General/Conceptual/iCloud101/Introduction/Introduction.html

のソースと

Document-Based App Programming Guide for iOS: Managing the Life Cycle of a Document
http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/DataManagement/Conceptual/DocumentBasedAppPGiOS/ManageDocumentLifeCycle/ManageDocumentLifeCycle.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011149-CH4-SW1
▼Managing the Life Cycle of a Document
▼Creating a New Document
▼Opening and Closing a Document

を参考に理解を深めると良いと思います。

Version Conflicts については

iiOS App Programming Guide: iCloud Storage
https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/iPhone/Conceptual/iPhoneOSProgrammingGuide/iCloud/iCloud.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007072-CH5-SW1
▼iCloud Storage
▼Using iCloud Document Storage
Choosing a Strategy to Respond to Version Conflicts

が参考になります。

また、iCoud と Local 間の Documents の移動は

Document-Based App Programming Guide for iOS: Managing the Life Cycle of a Document
http://developer.apple.com/library/ios/#documentation/DataManagement/Conceptual/DocumentBasedAppPGiOS/ManageDocumentLifeCycle/ManageDocumentLifeCycle.html#//apple_ref/doc/uid/TP40011149-CH4-SW1
▼Managing the Life Cycle of a Document
▼Moving Documents to and from iCloud Storage

に説明されています。HMDT JOURNAL Vol.001 ~ Vol.004 も参考になります。

Your Third iOS App: iCloud: About Your Third iOS App
https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/General/Conceptual/iCloud101/Introduction/Introduction.html

のソースを読んでいると Blocks

Blocks Programming Topics: Introduction
https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/Cocoa/Conceptual/Blocks/Articles/00_Introduction.html
A Short Practical Guide to Blocks
https://developer.apple.com/library/ios/#featuredarticles/Short_Practical_Guide_Blocks/_index.html
Building with Blocks in C and Objective-C
https://developer.apple.com/library/mac/#featuredarticles/BuildingWithBlocks/_index.html

や GCD

Concurrency Programming Guide: Introduction
https://developer.apple.com/library/ios/#documentation/General/Conceptual/ConcurrencyProgrammingGuide/Introduction/Introduction.html

の理解も必要になってくると思います。

手っ取り早く理解したい場合は

Introducing Blocks and Grand Central Dispatch
https://developer.apple.com/library/mac/#featuredarticles/BlocksGCD/_index.html

が参考になります。

私自身、なかなか理解できない部分もあるので 、書籍

Creating iOS 5 Apps: Develop and Design

Creating iOS 5 Apps: Develop and Design

Creating iOS 5 Apps: Develop and Design [Kindle Edition]
Rich Warren (Author)
Kindle Price:
$21.99

を Amazon で購入し、iPadKindle で読んでいる途中です。iOS 5 になって変わった基本的な Objective-C の機能についての説明もあるので、今まで iOS 開発を行ってきた人にもお勧めの本です。

アップル 2010年秋 スペシャルイベント、Twitter 用ライブラリ XAuthTwitterEngine に機能を追加して公開

アップル 2010年秋 スペシャルイベントが 9月1日 (September. 1, 2010 at 10 a.m. Pacific Time : 日本時間9月2日深夜午前2時) に Yerba Buena Center で開かれました。スペシャルイベントのストリーミング動画は

Apple - Apple Events - Apple Special Event September 2010
http://events.apple.com.edgesuite.net/1009qpeijrfn/event/index.html

で見ることができます。iTunes Podcast

Apple Keynotes - Apple Special Event, September 2010
http://itunes.apple.com/jp/podcast/apple-keynotes/id275834665

でも配信されています。

今回のイベントで発表されたのは新 iPod ラインナップ、iOSプレビュー、新 iTunes とサービス、新 Apple TV でした。

iPod nanoiPod shuffle には興味がありませんが、新 iPod touch は、拙作 iYKRSS を Retina ディスプレイには対応させるために購入しようか悩んでいます。カメラ機能も購買意欲をそそられます。

以前 id:KYoshiaki:20100627、紹介したように自作した iPadRSSリーダー iYKRSSHD と Twitter アプリ iYKTwitter は毎日使用しています。ところが、Twitter の認証方式が OAuth 認証必須になり、Basic 認証が廃止されました。それで iYKTwitter を OAuth 認証に対応させる必要が生じました。

ネットで調べてみると OAuth 対応は難しそうなので OAuth 認証の簡易版 xAuth が良さそうです。

xAuth を使うために以下のサイトを

xAuthを使うための手続き - タイトルは未定
http://d.hatena.ne.jp/nakaji999/20100623/1277306203
xAuthの申請をしてみた « Today’s Replay
http://tmokita.sakura.ne.jp/wpress/2010/06/28/xauth%E3%81%AE%E7%94%B3%E8%AB%8B%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/

を参考にしました。

Create cool applications! | dev.twitter.com
http://dev.twitter.com/

まず、最初に上の URL で Twitter アカウントでサインインし、2. Register an app をクリックするとアプリケーション登録申請ページが開きます。自作アプリを登録します。ただし、アプリケーション名で Twitter という文字を含んでいるとエラーになります。私の場合、iYKTwitter では登録できませんでした。それでアプリケーション名を iYKTweetHD に変更しました。これで OAuth 認証が使えるようになりました。

OAuth 認証の簡易版 xAuth を利用するためには api@twitter.com にメールを送って、有効にしてもらう必要があります。メールに送る内容については、先ほど紹介した下記 2つのページが参考になります。

xAuthを使うための手続き - タイトルは未定
http://d.hatena.ne.jp/nakaji999/20100623/1277306203
xAuthの申請をしてみた « Today’s Replay
http://tmokita.sakura.ne.jp/wpress/2010/06/28/xauth%E3%81%AE%E7%94%B3%E8%AB%8B%E3%82%92%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F/

それぞれ申請するアプリの platform に合わせて送信する内容を置き換えてください。私の場合は iPadiOS 3.2 です。また、下記本家サイトを確認すると

Using xAuth | dev.twitter.com
http://dev.twitter.com/pages/xauth
xAuth access is restricted to approved applications. If your application is a
desktop or mobile application and the standard web OAuth flow or PIN-code
out-of-band flow is not right for you, send a detailed message to api@twitter.com
to request xAuth privileges. Include the name of your application,
the consumer key, the application ID (if available), and a summary of how xAuth
is best-suited for your application.

consumer key も必要そうなのでメールで送りました。スクリーンショットについては、私は MobileMe に加入しているので、Sites フォルダにスクリーンショットファイルを置いて下記 URL をメールに書いて送りました。

http://homepage.mac.com/'メンバー名'/'スクリーンショットファイル'

次の日にメールで xAuth が使用可能になったと返事が届きました。

xAuth を自力で実装するのは無理なので、参考になるライブラリを探しました。XAuthTwitterEngine が良さそうです。

最初に見つけた XAuthTwitterEngine ライブラリは

aral's XAuthTwitterEngine at master - GitHub
http://github.com/aral/XAuthTwitterEngine

です。さらにフォークを探してみるとリストに対応した

penso's XAuthTwitterEngine at master - GitHub
http://github.com/penso/XAuthTwitterEngine

を発見しました。ところがファイルがすべて揃っていません。仕方がないので自分で作成しました。また statuses/home_timeline や retweeted_status も実装されていないようなので追加しました。私が個人的に利用するために作成したものなので status の id が文字列に変更されています。注意してください。それにしてもきれいなソースには驚かされました。大変勉強になります。

github の使い方がよく分からないので、はてなのファイルアップロード機能利用して機能を追加した XAuthTwitterEngine Zip ファイルをアップロードしておきます。下記リンクからダウンロードできます。ただし、下記リンクのファイル名をクリックするとダウンロードされたファイル名が変化しますので、横の矢印↓をクリックしてダウンロードしてください。

Yoshiaki-XAuthTwitterEngine.zip 直

Yoshiaki-XAuthTwitterEngine.zip
http://kyoshiaki.sakura.ne.jp/osx/Hatena/Yoshiaki-XAuthTwitterEngine.zip

簡単な説明は、Zipファイルに同封された ReadMe-j.rtf に記載しておきました。公開に問題があったら、取り消しするかもしれません。質問についてはコメントを利用してください。返事は遅くなるかもしれません。

最後に XAuthTwitterEngine を利用して作った自作 Twitter アプリ iYKTweetHD の実行画面を添付しておきます。



米Apple、アンテナ問題の記者会見、Xcode オーガナイザ による Application Data の管理、iTunes のファイル共有

Apple、アンテナ問題の記者会見のビデオを公開

アップル - QuickTime - 7月16日の記者会見
http://www.apple.com/jp/apple-events/july-2010/
アップル - スマートフォンのアンテナ性能
http://www.apple.com/jp/antenna/
アップル - アンテナ設計・試験室
http://www.apple.com/jp/antenna/testing-lab.html

個人的な意見ですが、iPhone 4 の外部アンテナが剥き出しで目視できることが問題なんだと思います。いろいろなウェブサイトから判断すると、性能的には欠陥というほどではないような気がします。

Statement by Apple on White iPhone 4
http://www.apple.com/pr/library/2010/07/23iphonestatement.html
アップル - iPhone 4 - ケースプログラム
http://www.apple.com/jp/iphone/case-program/

iPhone 4 ホワイト モデル発売が延期になったようですね!
2010年9月30日までに iPhone 4 を購入した方への iPhone 4 Bumper、または特定の他社製ケース無償配布の受付も始まったようです。

前回紹介したように iPhoneRSS リーダー iYKRSS を iPad に移植しました。

iPad Programming Guide: Starting Your Project
http://developer.apple.com/iphone/library/documentation/General/Conceptual/iPadProgrammingGuide/StartingYourProject/StartingYourProject.html#//apple_ref/doc/uid/TP40009370-CH9-SW3
▼Creating a Universal Application
Adding Runtime Checks for Newer Symbols
Using Runtime Checks to Create Conditional Code Paths

上記ページを参考にして iPhoneiPad 両方で動作する Universal Application を作成しようと思ったのですが、ソースが複雑になりそうだったので、iPhone 用 iYKRSS を iPad 用に iYKRSSHD というプロジェクト名で新規作成しました。

iPad Programming Guide: Views and View Controllers
http://developer.apple.com/iphone/library/documentation/General/Conceptual/iPadProgrammingGuide/UserInterface/UserInterface.html#//apple_ref/doc/uid/TP40009370-CH3-SW7
▼Views and View Controllers
▼Using Popovers to Display Content

上記ページを参考に popover を使用しました。一例が下図です。

ModalView を中央に表示するのに UIViewController の modalPresentationStyle に UIModalPresentationFormSheet を設定し、下記ソースのように利用しました。

- (IBAction)toolbarItemAddTapped:(id)sender
{
EditController *content;
if (self.gEditController == nil) {
content = [[[EditController alloc] initWithNibName:@"EditController" bundle:nil] autorelease];
content.gRootController = self;
content.modalTransitionStyle = UIModalTransitionStyleFlipHorizontal;
content.modalPresentationStyle = UIModalPresentationFormSheet;
//		content.modalPresentationStyle = UIModalPresentationPageSheet;
self.gEditController = content;
}
[giYKRSSHDViewController presentModalViewController:gEditController animated:YES];
}

UIModalPresentationFormSheet の実行結果が下図です。

他の部分は iPhoneRSS リーダー iYKRSS とほとんど同じなので、難なく作成することができました。

RSS リーダーに登録したフィードなどのデータをファイルに保存するには、plist、NSKeyedArchiver、CoreData の3通りあります。

拙作 iYKRSS、iYKRSSHDでは CoreData を使うほど本格的なデータベースは必要ないし、plist を使うほど単純ではないので、NSKeyedArchiver を利用しています。

iYKRSS、iYKRSSHD で保存されるデータ構造は同一で同じファイル名 RSSArchive.iYKRSS です。ファイル RSSArchive.iYKRSS は、各々アプリケーションごとに作成される ‘アプリケーション’ フォルダの Documents フォルダに保存されています。

  • plist
Property List Programming Guide: Introduction to Property Lists
http://developer.apple.com/iphone/library/documentation/Cocoa/Conceptual/PropertyLists/Introduction/Introduction.html#//apple_ref/doc/uid/10000048i
  • NSKeyedArchiver
Archives and Serializations Programming Guide: Introduction
http://developer.apple.com/iphone/library/documentation/Cocoa/Conceptual/Archiving/Archiving.html#//apple_ref/doc/uid/10000047i
  • CoreData
Core Data Programming Guide: Introduction to Core Data Programming Guide
http://developer.apple.com/iphone/library/documentation/Cocoa/Conceptual/CoreData/cdProgrammingGuide.html#//apple_ref/doc/uid/TP40001075

iPhone 用 iYKRSS の RSS フィードデータファイル RSSArchive.iYKRSS を iPad 用 iYKRSSHD の Document フォルダに移動すれば iYKRSS の RSS フィードを iYKRSSHD で引き継ぐことができ便利です。iYKRSSHD 上で最初からフィードの URL を入力する必要もありません。

幸いにも Xcode でビルドしてデバイスにインストールしたアプリケーションの Application Data (Documents フォルダのデータも含む) は、Xcode のオーガナイザを使って読み書きすることができます。

オーガナイザは Xcode のメニュー(上図) ‘ウインドウ/オーガナイザ’ (下図) で開くことができます。

iOS Development Guide: Running Applications
http://developer.apple.com/iphone/library/documentation/Xcode/Conceptual/iphone_development/120-Running_Applications/running_applications.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007959-CH6-SW4
▼Running Applications
Managing Application Data

上記URL が参考になります。

簡単に説明すると iPhoneiPad などのデバイスを USB で Mac に接続し、 Xcode のオーガナイザを開き、デバイス名をクリックします。’Summary タブ/ Applications’ のダウンロードしたいアプリを選び、三角を開くと ‘Application Data’ という名前が表示されます。右側にあらわれたダウンロードボタン(上図の赤枠部分)をクリックして保存してください。Finder 上にフォルダが作成されます。(下図参照) Documents フォルダに RSSArchive.iYKRSS を見つけることができます。



データを元に戻した時はダウンロードしてできたフォルダの中のデータを変更して、オーガナイザのダウンロードしたいアプリ名にフォルダをドラッグ・ドロップ (下図参照)することで変更できます。即ちファイルなどのデータを iPhoneiPad に書き込むことができます。

オーガナイザを使わずに iTunes のファイル共有を使って Documents フォルダのデータを読み書きすることもできます。

iOS Application Programming Guide: Implementing Standard Application Behaviors
http://developer.apple.com/iphone/library/documentation/iPhone/Conceptual/iPhoneOSProgrammingGuide/StandardBehaviors/StandardBehaviors.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007072-CH4-SW10
▼ Implementing Standard Application Behaviors
▼ Files and the File System
Sharing Files with the User

上記 URL が参考になります。

iTunes のファイル共有に Documents フォルダを表示させたい場合は、info.plist に UIFileSharingEnabled キー Boolean 型 YES を追加するだけです。

UIFileSharingEnabled キーは、メニュー ‘表示/Property List Type/Default File for Type’ で None を選ぶと入力しやすいと思います。

ただし、注意する必要があります。UIFileSharingEnabled を追加する前に、デバイス iPhoneiPad 上にアプリケーションがあると、ビルドしてインストールするだけでは、iTunes 上のファイル共有に表示されません。デバイスからアプリケーションを一度、削除して再インストールすると iTunes 上で同期した後、ファイル共有に表示されます。

上図を例にすると、iTunes 上のファイル共有/App から iYKRSSHD を選択すると Documnets フォルダにあるすべてのファイルが表示されます。この場合、RSSArchive.iYKRSS という名前のファイルが一つあります。ファイル RSSArchive.iYKRSS をウインドウの外にドラッグ・ドロップすればファイルを取り出すことができます。逆に Finder からファイルを iYKRSSHDD の書類と表示されているテーブルにドラッグ・ドロップすると Documents フォルダに書き込むことができます。