XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発

XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発

XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発

Mac OS X Leopard が発売された時に Intel Mac を買うつもりです。その時に Windows Vista プログラミングにも挑戦してみたいと思い、下準備のため ‘XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発’ asin:4797339160 を購入しました。

Windows でプログラミングの経験はありません。

Macプログラミングも OS 9 から Mac OS X に移行されるのを機会にはじめたので、Windows プログラミングをはじめるのに Windows Vista がちょうどいいと思ったからです。

XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発’ asin:4797339160 を読んでみた感想は、Mac OS X の Cocoa プログラミングに通じる部分がたくさんあるみたいですね。Cocoa プログラミングの知識が生かせそうです。

例えば

Windows Vista Mac OS X Cocoa
データバンディング Cocoa Binding
ソート : SortDescription NSSortDescriptor
フィルタ : FilterEventHandler NSPredicate ちょっと違うかな?
データ変換 : IValueConverter NSValueTransformer

XAMLプログラミング WPFアプリケーションの概要と開発’ asin:4797339160 P342 (Microsoft Expression Blend) のXMLデータのデータバンディングは、Interface Builder のウィンドウに Xcode のデータモデルウィンドウからエンティティを Option キーを押しながらドラッグしてドロップすると作成される NSTableView の機能に似ています。

アニメーションやストーリーボードなんかは、面白い機能ですね!

Googlexaml nib で検索するとたくさんのページがヒットします。

Windows プログラミング経験がないので、間違っているかもしれません。あくまでも個人的な意見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です